商品リサーチ

Amazon販売!リサーチツールを使う前に知っておきたいこと!!

こんにちは!

白石トモヒサです。

今回はアマゾン販売のリサーチにてツールを使う前に知っておくべき事をお伝えしたいと思います。
本質や基本を知らずにツールを使い出しても、余計ややこしくなるだけです。
(実際、僕がそうでした!笑)

なので、事前に知っておくとツールを使用した際にスムーズに効率化できるようにポイントをまとめました。

リサーチツールを使う前に知っておくべきこと

◯アマゾンと中国輸入の仕組みを知る
こちらは、当然のことながら販売するプラットフォームの仕組みを知らないと販売を促進させることはできません。まずはアマゾンと中国輸入の仕組みをしっかりと理解しましょう。
Amazon中国輸入全体図!

◯どんな出品をしたいか?
アマゾン販売では大きく分けて相乗出品と新規出品の2つがあります。
あなたがどちらの出品で稼いでいきたいか?によって使ってくるツールが変わりますので事前に相乗りと新規出品の違いを押さえておきましょう。

◯リサーチの流れ
自分が行っていきたい出品方法が決まったら、今度はリサーチの流れを理解します。
基本的には手作業で全てのリサーチができます。ツールはあくまで作業を効率的に行うものですので、あなたがリサーチを手作業で出来るようになり本質を理解していく事がとても重要です。
中国輸入画像リサーチ

中国輸入セラーリサーチ

Amazon中国輸入販売、新規出品リサーチパターン!

中国輸入キーワードリサーチ

 

◯中国商品とは?
相乗販売にせよ新規出品販売にせよどちらにしても中国商品を知らないことにはリサーチが進みません。なのでまずは中国商品とはどういったものなのか?を理解する必要があります。
画像を見ただけで中国商品なのかを判断できる位になっておくと今後のリサーチがスムーズに進みます。
アマゾンにて(ノーブランド)と検索し出てくる商品の殆どが中国商品です。出てきた商品を沢山見て特徴を掴みましょう!

◯ツールの種類
闇雲にツールを使うのではなく、どんなツールがあるのかを事前に知っておくことで無駄な出費をせずに済みます。
それとツールを使ってどんな効果が得たいのか?を具体的にイメージしておきましょう!
基本的に大きく分けて、ASIN抜き取り系と在庫追跡系ツールの2種類になります。

ASIN抜き取り系ツール
オークファンプロPlus

在庫追跡系ツール
在庫チェッカー

 

◯販売してはいけないもの
中国からはすべてのものを輸入し販売して良いわけではありません。
輸入すると罰せられる物や審査や資格が必要なものなどが存在します。
そちらを事前に知っておく事でトラブルを未然に防止できます。
中国輸入ビジネス!輸入の際に気を付けたい商品!

 

 

最後に

以上が、リサーチツールを使う前に知っておくべき事のまとめになります。
最初は結果を早く出したいがあまりに、ツール導入を急ぎがちになります。
場合によっては、ツールを使えば結果が出る!と依存がちにもなってしまいます。

しかし、本質を知っているが故にツールを活かせるということを忘れないようにしてくださいね!

今日の内容が、あなたのお役に立てたら嬉しく思います。

何かわからない事などがあれば、お気軽に下記Skypeまでお問い合わせください!
無料相談受付けております!!

Skype ID:tomohisa106

ヤフオク通知メールの設定方法!前のページ

ヤフオクマルチアカウント切り替えツール!次のページ

関連記事

  1. 商品リサーチ

    Amazon中国輸入販売、新規出品リサーチパターン!

    こんにちわ!白石トモヒサです!今回は、新規出品のリサー…

  2. 商品リサーチ

    中国輸入キーワードリサーチ

    こんにちわ!白石トモヒサです。今日は中国輸入をAmaz…

  3. 商品リサーチ

    オークファンプロを使ったAmazonリサーチ!

    こんにちわ!白石トモヒサです!今回は、オークファンプロ…

  4. 商品リサーチ

    Amazon 急上昇ワードランキングからの商品リサーチ

    こんにちわ!白石トモヒサです。今回は、Amazon急上…

  5. 商品リサーチ

    AliExpressの画像検索方法!

    こんにちわ!白石トモヒサです!今回は、中国仕入れサイト…

  6. 商品リサーチ

    中国輸入セラーリサーチ

    こんにちわ!白石トモヒサです!今日は、Amazon中国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物販初心者お役立ち記事掲載

【副業 中国輸入】初心者が月収10万円を得るための記事掲載

☆お問い合わせ☆

Skype、LINEでの無料相談を受け付けております。お気軽に申請してください!

Skype ID:tomohisa106

PAGE TOP