Amazon

Amazon販売 2つの販売方法と2つの配送方法!①

こんにちわ!

白石トモヒサです。

今回は、Amazonで販売を始められる方に向けてAmazon販売の仕組みをお伝えしていきます。Amazonは普通のネット販売のプラットフォームと少々違うルールの元に展開しています。慣れるまでは戸惑うこともありますが、慣れればその仕組みを利用してガンガン販売していくことができますので焦らずに取り組んでいってください。

因みに、僕がAmazon販売を始めた時にはこのような内容の記事を見かけませんでした。当時の自分を振り返った時に、最初にこれ教えておいてほしかったー!という思いがありましたので、初心者の方にはお役に立てるかと思います!!

Amazonの2つの販売方法

Amazonには「1商品1ページ」というルールがあります。基本的には、同じ商品は同じページを共有して販売をしていくというシステムです。

Amazonで買い物をされたことのある方なら、こんな表示を商品ページの右下位に見たことがあるかと思います!!

このような販売方法を、「相乗り販売」などと言ったりします。

相乗りのメリットは、後からの参入でも既に販売実績があるページに乗っかって販売ができるのである程度の集客が見込めるということです。

反対にデメリットは、同じ商品を同じ場所で売りあっているので最終的には価格競争が起こり値段の下げ合いになり易いという点です。

また、販売実績が少ないとカートボックスが取りにくくなる傾向にあるというのもデメリットかと思います。(カートボックスとは、「カートに入れる」を押した時にダイレクトに発注につながるシステムです)

 

Amazonの販売方法で、もう一つが「新規出品」になります。

新規出品のメリットは、何と言っても自由度が高く価格も商品ページも自分で設定できるという点です。また、自分のオリジナル商品として売れて行けば最終的には無くなったら補充するだけの自動販売機状態にすることもできます。こうなると、ネット上の資産と言ってもいいくらいスムーズに利益を生み出していくことが可能になります。目指すは、この状態ですね!!

反対に新規出品のデメリットは、全部自分で一からの作成になるという点です。商品画像、説明文、販売実績、、、などなどです。なので新規出品は最初は殆ど売れないという状態が続くことが多いです。

 

最後に

相乗りも新規販売も一長一短ですので最初は、相乗りで試しながら徐々に新規ページを作っていくのがいいと思います。

また、新規出品でも埋もれることなく、売り上げを作っていく方法は後々紹介していきますのでご安心ください!

長くなってしまいましたので、「2つの配送方法」は次への続きにしたいと思います。

 

今日の内容が、あなたのお役に立てたら嬉しく思います。

何かわからない事などがあれば、

お気軽に下記Skypeまでお問い合わせください!
Skype ID:  tomohisa106

Amazon販売 セラーセントラル登録とFBA販売準備!前のページ

中国輸入をやる環境!次のページ

関連記事

  1. Amazon

    Amazonスポンサープロダクトの運用!③

    こんにちわ!白石トモヒサです。今回は、スポンサープロダ…

  2. Amazon

    Amazon自己発送での返品処理、返金処理のやり方!

    こんにちわ!白石トモヒサです。今回はAmazon自己発…

  3. Amazon

    Amazon販売にてバッドレビューを未然に防ぐ方法を順番に解説するよ!

    こんにちわ!白石トモヒサです。今回の記事では、○A…

  4. Amazon

    Amazon中国輸入販売、大量ロット仕入れにビビった時に考えるべきこと!

    こんにちわ!白石トモヒサです!中国輸入を実践していくと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルカリ攻略お役立ち記事掲載

【副業メルカリ 中国輸入】初心者が月収10万円を得るためのパーフェクトリサーチ集!

☆お問い合わせ☆

Skype、LINEでの無料相談を受け付けております。お気軽に申請してください!

Skype ID:tomohisa106

PAGE TOP